肌を衰えさせないために内外からするべきこと

 

肌は、本当に年々衰えていきます。気づくとシミ・シワができていたなんてことありませんか?
美肌でいる為には、やはり、内からも外からも気をつけなくてはならないと思います。

 

内側から

まずは内側から。これは食生活です。

 

チョコレートやスナック菓子など甘い物ばかり食べていると、ブツブツが出来たり、肌が目に見えて汚くなっていきます。
甘い物を食べていると、便通も悪くなるので、肌にも影響がでます。

 

甘い物のかわりにさつまいも(ビタミンCが含まれています)を食べたり、自分でゼラチン(スーパーなどでコラーゲン入りのものが売っています)を溶かしてゼリーを作って食べたりするだけで、肌の感じは変わってきます。
プラスで青汁、納豆、豆腐などを食べたり飲んだりすると、更に良いと思います。

 

最後に寝る前にコラーゲンとビタミンCを飲むと、次の日の朝から肌が明るく綺麗になっていきます。おすすめです。

 

外側から

次は外側から。これは、日焼けをしないということは絶対です。
どんなに面倒くさくても、外に出る時は日焼け止めを必ず塗ってください。

 

冬でも油断は禁物です。
夏は更に日傘をさすといいでしょう。
そして、家に帰ってきたらすぐに洗い流し、美白美容液などを塗ってください。
洗顔も美白になるようなものを使うと、より効果的だと思います。

 

更には、ヨーグルトパックなどをすると、できてしまったシミも少しずつですが薄くなっていきます。

 

やり方は色々ありますが、私はヨーグルトを大さじ2程、耐熱容器に入れてレンジで15秒位温め、
それを顔全体(瞼を除く)に塗り、10分程おいて洗い流しています。

 

これをすると、肌自体も白くしっとりとなります。
毎日続けると、より効果的です。

 

シワに関しては、やはり、表情筋を使うか使わないかだと思います。
テレビを見ながらでも口を大きく開けて「あいうえお」と言ったり、
食事をする時にできるだけしっかりとよく噛むようにしたりするだけで、ほうれい線は薄くなってきます。

 

シミもシワも日々の積み重ねだと思うので、このような努力を続けることが大事だと思います。

関連ページ

美容ツアーなんてどう?
美しくなるための美容ツアーがあるって知ってましたか?
インドのアーユルヴェーダで某芸能人の病気も治った!?
『美容にもいいんだよ、肌も美しくなる、皺もとれる』と説得され、インドのアーユルヴェーダを受けたある芸能人の病気は治った?!
美容のネズミ講って?
ネットワークビジネスで美人になれるか?私の赤裸々な体験レポートをぜひ読んいただけますよう・・・
美肌の秘訣「やり過ぎないで清潔に保つ」
美肌になるためには、今現在行っている肌ケアを見直す必要があると思います。私が考えるには、ズバリ”やり過ぎないで清潔に保つ”ということが大切だと思うのです。
美肌の第1は落とすこと
毎日スキンケアをしたりすることももちろん大切ですが、まずはお肌の大掃除が重要です。メイクのような油汚れやチリや埃などの水溶性汚れをしっかり落とすことが大切です。
50代美肌への道〜日々の精進が美肌を作る
50代になっても若々しい美肌でいるための方法を綴ります。
肌のくすみを防ぐには、新陳代謝を促すことが大事
肌のくすみを防ぐには、代謝アップさせることがとっても大事です。そのためのヒントをお伝えいたします。
余ったヨーグルトで即効性緑茶パック☆
余ったヨーグルトと緑茶でツルンツルンの美肌になるパック方法をお伝えします。
リンパの流れの良さが美しさのポイント
美しくなるポイントはリンパの流れの良さにあったというお話をします。
インナードライのトラブルと改善策
インナードライとは、文字通り皮膚の内部が乾燥している状態。トラブルと改善策について綴ります。
美容と健康を兼ねたおススメ習慣を3つご紹介!
「美容」と「健康」について追求していくと、この二つは切り離すことができないものであるということに気付きます。「美容」と「健康」を兼ねた3つのおススメ習慣をご紹介します。
ヒリヒリしてしみる!唇日焼けの治し方
唇の日焼け対策と日焼けしてしまったときの対処法について見ていきたいと思います。
美容のための化粧水の選び方
化粧水を使用する際に重要なことは、自身に合っている化粧水を選ぶということです。自身に合っていない化粧水を使用してしまうと、十分な効果を得ることができません。

このページの先頭へ戻る